【問】 宅地建物取引業者が、宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項について説明する場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 自ら売主として、マンション(建築工事完了前)の分譲を行うに当たり、建物の完成時における当該マンションの外壁の塗装については説明しなくてもよいが、建物の形状や構造については平面図を交付して説明しなければならない。

2 事業用建物の賃貸借の媒介を行うに当たっても、居住用建物と同様に、台所、浴室等の設備の整備状況について説明しなければならない。

3 宅地建物取引業者ではない売主から依頼されて建物の売買の媒介を行うに当たり、損害賠償額の予定は説明しなくてもよいが、売主が契約内容不適合担保責任を負わないことについては説明しなければならない。

4 自ら売主として、マンションの分譲を行うに当たり、管理組合の総会の議決権に関する事項については、管理規約を添付して説明しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】 正 解 2

1 誤り。工事完成前の建物の売買の場合、建物の内装・外装は、重要事項となり、主として天井及び壁面につきその塗装の状況等を説明しなければならない。建物の形状や構造について記載した書面(図面を必要とするときは図面)を交付して説明しなければならない(宅建業法35条1項5号)。

2 正しい。居住用建物と同様に事業用建物の賃貸借の媒介を行うに当たっても、台所、浴室等の設備の整備状況について説明しなければならない(35条1項12号)。

3 誤り。損害賠償額の予定に関する事項は、重要事項に該当し、説明しなければならないが、契約不適合担保責任に関する事項は、重要事項に該当せず、説明しなくてもよい(35条1項8号)。

4 誤り。管理組合の総会の議決権に関する事項は重要事項に該当せず、説明しなくてもよい。